2015.10.07 13:53
E-girls
Dream

Dream Erie、E-girlsのパーフォーマーを卒業しDJ活動に専念!

E-girlsとしても活躍するDreamのErieが、E-girlsではパフォーマーとしてではなくDJとして活動することをは7日、発表した。

Dream Erieコメント

皆さん、こんにちは。Dream Erieです。
いつもDream、E-girlsを応援していただきありがとうございます。
突然ですが、私のこれからの活動に関して皆さんにお伝えしたいことがあります。

私 Erieは、自分の新たなるチャレンジの道としてDJを追求したいと考えています。E-girlsにおいては、パフォーマーとしてではなく、DJとして、E-girlsに貢献し、支えていける存在になりたいと思っています。

これは急に決断したことではなくて、実は自分の中では2年前ぐらいから違う角度から自分自身の可能性に、自分自身の力でチャレンジしたいと考えていたことでした。

「DJ」をすることは、興味からの始まりでしたが、今まで各エリアの色々なイベントに出演させていただいたことで、DJの魅力やDJの可能性を肌で感じ、
DJを突き詰めたいという想いに至りました。Dream、E-girlsのメンバーがそれぞれのグループでの活動以外でも頑張っている中、自分もグループの枠を超えて、自分の活動を確立したいと考えています。Dream、E-girlsの名前を背負っている責任があるからこそ、本物のDJとして認められる存在を真剣に目指したいと思っています。

E-girlsは、年齢も経歴も違う、様々なグループ、メンバーが集まって出来たチームでDreamは一番の先輩グループという立場でいますが、E-girlsのみんなと出会えた事でDreamが夢を叶えられている事も本当に沢山ありました。
みんなと二度、単独ツアーも経験し、今思う事は E-girlsは「受け継がれていく」ものだと感じています。
特に自分の立ち位置から客観的にE-girlsを見てみると、E-girlsはみんなが輝ける場所であるべきだと思っています。

先輩ぶるつもりも、 偉そうな事を言うつもりも全くありませんが、E-girlsが「Celebration!」でデビューしてから約4年間 、みんなの成長が本当に素晴らしくて、輝かしくて、頼りになる事も沢山あり、そんなみんなの姿を見ながら自分は、いつまでも同じ場所に「安定」するのではなく一歩踏み出して「チャレンジ」する事の大切さを失わない様にしたいと思いました。自分の年齢、自分の立ち位置と向き合った上で今はきちんと地に足つけて「自立」出来るようになる事が目の前にある目標です。

Dreamのメンバーとも2002年に出会って来年の7月7日で、15年目に突入します。15年…本当に奇跡の様なこの芸能界という中での人生ですが、変わらずにDreamとして夢を追い続けられること。この「奇跡」をきちんと噛み締めてここから「チャレンジ」してみようと思いますのでこれからもDream、E-girls Erieを宜しくお願い致します。

いつも応援して下さっている皆様に感謝の気持ちを込めて。

スポンサード リンク

雑誌

CD

DVD